家庭教師を雇う場合の注意点

家庭教師選びは慎重に

家庭教師を選ぶ判断基準として良く聞くものが、“有名な会社の家庭教師だから”“値段が安い家庭教師だから”などがあげられます。 もちろんそれらも一つの判断材料としても構いませんが、場合によっては、その判断材料が裏目に出てしまうケースもありますので、 充分注意が必要です。

例えば、有名な会社の家庭教師の場合、授業料が他に比べると高く、その高い分の授業料を、広告費として回しているため、 認知度が高いという場合もあります。 有名な企業が全てそうという訳ではありませんが、=優れた家庭教師が居るというわけでは無いということを、よく理解しておきましょう。 また、授業料だけで家庭教師を選んでしまうことも非常に危険です。

授業料が安い場合は、何らかの安い理由がある可能性があることを、頭に入れておきましょう。 例えば、指導力が低い家庭教師など、質があまり高くない家庭教師を集めている為、安い授業料で家庭教師をしているという場合もありますので、 しっかりと見極める必要があると言えます。 家庭教師を雇う際には、お子さんの為を考えて、お子さんに合っている家庭教師を選ぶことが大切です。お金をと時間を無駄にしない為にも、親御